神奈川公園墓地|タブーからブームヘ。

「終活」流行りの社会的背景とは大はこの匪に生を受けてから進学、就職、結婚、そして介護……と、一生の中でいくつもの大きな節目=ライフイベントに直面します。そして「就活」や「婚活」といった言葉が表すように、その都皮その都度、より良い人生、より良い未来のために最適解を目指すのもまた人の常といえるでしょう。そこに「終活」が加わったのは、ここ10数年のことではないかと思われます。エンディングノートが流行ったり、遺産整理や相続のノウ(ウ本が書店の入り口に近い目立つ場所に置かれるようになったりして、テレビや雑誌でもしばしば特集が組まれるようになってきました。かつては「死ぬこと」にまつわる話を人前でするのは、今よりもずっとはばかられたものでした。
死は「忌み嫌うもの」「避けるべきもの」であり、口にすれば「縁起でもない」とたしなめられる、そんな風潮がつい最近まで、日本には色濃く残っていたと思います。今でももちろん、むやみに言うべきことではありませんが、以前ほど意識して慎む内容ではなくなってきたように思います。これは闘いた話ですが、一昔前は、施設に入居している高齢者に対して白身の死を前提にした話など、口にしたら「どうせ自分たちは死を待つばかりだと思われているんだろう」などとひどく険悪な雰囲気になりかねなかったそうですが、今はオープンに、亡くなったあとの手続きや、葬儀などをどうしたいか職員や家族も交え話し合うところが増えてきているそうです。
みんなが話すようになれば、それはもはやタブーではなく、ムーブメントさえ起こす……叫今の終活ブームを見ているとそんなことを思います。自分の祖父母や親の看取りを経験し、自分は人生の幕引きをどのようにするのがいいのか考え、情報を欲するようになった大が増えてきたのでしょう。あえて付け加えるならばそこにもしかしたら、「終わり良ければすべて良し」「立つ鳥跡を濁さず」、の日本人のある種の生真而目さが、「終活」の二文字にあらわれているのかもしれません。
今までの一般的な家墓は、承継者がいなければ無縁墓になってしまいます。これに対し永代供養墓は、承継者がいなくても無縁墓にならず、埋葬先のお寺がお墓を受け継いで、永代にわたり管理も、供養も行うという点が最も大きな特徴です。お墓のタイプも、佃別に入れるお墓、夫婦で入れるお墓、屋外の自然豊かな場所に設けられる樹木葬など、「自分らしいお墓を建てたい」といった、多様化するニーズにこたえられるよう:(リエーションが増えてきているのも特徴の一つです神奈川公園墓地は今、注目されてきているお墓です。