保証ファクタリングを導入することで債権保全が可能

ファクタリング会社が言う「最も多い買取できなかった要因」は『売掛債権が存在していなかった』というものです。ファクタリングは、“売掛金を早期に現金化できるシステム”ですから、もちろん最初から売掛債権が存在しないとなると、売り物がない状態ですから契約できません。

ファクタリング審査は融資審査と比較すると非常に早いことが特徴です。(これがファクタリングの最大のメリットでもありますね) 融資審査が1週間から、長い場合では2〜3週間も待たされてしまうのに対して、ファクタリングの場合は、最短即日〜3日程度で審査終了する業者がほとんどです。

ファクタリングの場合、売掛債権を売却するという性質上、売掛債権に問題がないか、売掛先企業が期日にしっかり支払いできるかどうかを主に審査すればよく、利用するファクタリング会社にもよりますが、時間をかけずに資金調達することも可能です。ファクタリング 審査落ち

すぐにでも資金調達したいという状況で利用しやすいといえるでしょう。ファクタリングには2者間ファクタリングと3者間ファクタリングがあります。

この内、2者間ファクタリングについては、ファクタリング利用者とファクタリング会社の間でだけ取引が行われるため、原則として売掛先企業に売掛債権が売却されたことが知られることはありません。

社内の与信額を超過した取引先において、超過分に対して保証ファクタリングを活用したことで取引額を倍増することができた。