ファルマスタッフで勤務する薬剤師としても活躍

私が勤務しているのは製薬会社の治験や開発の段階での薬剤師目線のアドバイスをする現場です。研究開発をしながら、地域の契約している総合病院に勤務しながら、企業からのオファーも受けているような形です。元々、病院の経営者とは面識があったため、少しでも病院の利益になればということで求人サイトを見ていて、魅力的な産業医の仕事も見つけられました。

医療機関と企業が協力して研究開発をするような形なので、双方にメリットがあり助かっています。私自身は研究開発を自由にでき、製薬会社は治験を受けてくれる人材を病院からも集められるようになったようです。製薬の仕事では、使用している薬品や、作用の仕組みなどを聞いてアドバイスや検討をするため、刺激的に仕事ができます。

病院ではその製薬会社の製品も比較的安く手に入るようになったので、治療に関しては患者にもメリットがあります。近くにある薬局にも話を持ち掛けて連携し、双方でメリットのある取引ができています。製薬会社に就職している薬剤師としても、総合病院で勤務する薬剤師としても活躍できており、他の薬剤師とは少し変わった働き方ですが、年収はかなり満足できる金額になっています。

病院側の理解があったのもそうですが、求人サイトに製薬関係の募集があったのはやはりサービスの絞込検索のおかげです。同じ地域内でもマッチングがなければ見つけられなかったでしょう。他にも介護や保育関連の情報もあるようなので、総合病院の余裕がある限りは、地域医療などに貢献できるように工夫していければと思っています。

製薬関係の現場で欠かせないのがその薬が安全に、期待している効果を出せるかどうかですが、治験をする時には薬剤師の立ち合いが必要です。これは絶対に欠かせない存在なうえ、継続してデータをとれるような責任感と体力のある人材が求められます。命の危険があるようなものはほとんどないですが、根気強くデータを取らなければいけないうえ、万が一治験の患者に急変があれば治験を即座に停止しなければいけません。

ファルマスタッフ