シーズンを過ぎるとあまり使わなくなるものの保管

サーフィン用品などシーズンを過ぎるとあまり使わなくなるものの保管をみなさんはどうしていますか?家に置いているという人もいますが収納場所の関係で家に置いておくのは難しい人もいますよね。
そんな方はトランクルームを契約してみてはいかがでしょうか。
ビルなどの建物を使った屋内型の場合、防犯カメラなどが設置され、安全な環境が整っていることが多いです。
また、空調設備も整っていて湿度などが一定になっているところも多く気温や湿度に左右されないというメリットもあります。
しかし、こういった環境が整っている反面、屋外型より料金がやや高くなっているというデメリットもあります。
元々はトランクルームは部屋に物をおくスペースが足りない人が倉庫やクローゼット代わりに荷物を預けるスペースですが最近では、自転車やバイクをいじれる2階建やトイレなどのある滞在型も増えてきました。
トイレや洗面所がついているなど快適な環境が増えてきたためか、トランクルームに住むことを考える人がいるようです。
確かにビルインタイプの多くは24時間使えるので住めると判断することもできますが様々な問題があります。
まず、前提として契約で禁止されています。
契約違反で即退去もあり得ます。
仮に、禁止事項に載っていなかったとしてもほとんどのスペースで内側から鍵をかけられないので防犯面で問題があります。
郊外の空き地などを利用した収納量の多い屋外コンテナのトランクルームですが収納するのに適したものと適さないものがあります。
オススメできないものの代表例として、衣類や美術品が挙げられます。
その理由としては空調機能がないため温度や湿度管理ができないのでカビたり劣化する可能性があることがあります。
逆に適したものとしては、キャンプ用品などのアウトドアグッズが挙げられます。
他にも、日曜大工の道具など頻繁に出し入れするものやバイクや車の整備用具をおいている人もいるようです。
最近、多くなっているのが自転車用品やバイク用品を本体と一緒に保管しておくと必ず、空調機能のある屋内の業者を選びましょう。
家の収納スペースには限りがあります。
トランクルームですが、種類によって広さと料金が変わってきます。
例えば、空き地だった場所にコンテナを積んであるタイプではビルの1フロアや1室を使っている屋内タイプよりも広さに対する料金が低く設定されています。
ただ、屋外型は雨風や砂などの影響を受ける恐れがあるというデメリットもあります。
そのため、屋外型に預けるものとしてはテントなどのアウトドア用品や災害時の備蓄や園芸用品などのこまめに出し入れするものです。
預ける荷物が衣類など湿気に弱いという場合は最近では災害に備えて食料や日用品を備蓄する人もいるようです。
日本には四季があり、その季節ごとに着る衣類も大きく変わります。
しかし、特に冬物のコートなどの衣類は嵩張りがちで困っているという人もいるのではないでしょうか。
そのため、着ない夏の期間だけ、トランクルームに預けるという人も多ようです。
では、衣類を預けるのに適したのはどんなタイプのルームなのでしょうか。
それは、空調設備の整った屋内型がおすすめです。
空調設備が整っているため、気温や湿度に強いというメリットがあります。
料金を見ると屋外型の方が安く広いことが多いですが、空調設備がないので気温や湿度の影響で汚れることがあります。
湿気に強いかなど預けるものによってサービスを選びましょう。
一般的にトランクルームと呼ばれているサービスは広い意味で捉えられています。
倉庫業者の行う「トランクルーム」と非倉庫業者の行う「レンタル収納スペース」の2種類があります。
この2つには明確な違いがあります。
倉庫業者の行なっているサービス内容は倉庫業法により預かったものの保管義務があり、温度管理や紛失があった際に保証を受けられます荷物の管理が厳しいので引き渡しには営業時間中の立会いが必要になります。
一方、不動産業者などの行なっているサービス内容は、荷物を預かるのではなく、収納するスペースを貸すという契約になるので、荷物を紛失したとしても保証は受けられません。
メリットとしては空間を貸す契約なので営業時間がなく24時間利用ができます。
家のタンスや押入れに収納するときにみなさんは温度や湿度を気にすると思います。
トランクルームを利用するときにも同じように気をつけたいことです。
例えば、屋外型のコンテナを利用する場合は、屋外に置いてあるので風により砂が隙間から入って汚れたり空調機能がないので梅雨の時期に湿度でカビてしまうということがあります。
そのため、預けるものの性質によってどのタイプのトランクルームを使うか考えましょう。
例えば、書籍の場合では湿度が原因でカビてしまうことが予想できるので屋内型を利用する。
というような感じです。
では屋外型の場合どういったものを入れるのがいいのでしょうか。
それは、園芸用品など頻繁に出し入れするものや劣化しにくいものです。
家に収納スペースが足りないときに利用するトランクルームですが選ぶ際に気になるのが大きさと料金相場です。
料金に関しては屋外型よりも空調機能などがあるため屋内型の方が高めに設定されています。
広さとしては荷物が少ない一人暮らしの方には荷物が多くても1.5畳くらいあればある程度余裕があると思います。
三人以上の家族世帯では3畳以上にしておくとダブルベッドやダイニングテーブルなどの大きな家具も保管できます。
床面積を目安にしてみましたが実際には高さもあるので意外と収納できた、広すぎて賃料が勿体無かったと感じる人がいるので確認しておきましょう。