アロマオイル(精油)にはどんな香りがあるの?

アロマオイル(精油)にはさまざまな種類があります。
自分の好きな香りのものを使うほうが、
リラックスにもなりますし、楽しいです^^
でも、アロマオイル(精油)の香りっていろいろあって
選ぶのに困ってしまうものですよね。
そんな方のために、アロマオイルの
基本的な香りの種類をまとめてみましたよ。
ぜひ参考にしてみてください^^
フローラル系
抽出部位は主に花です。甘く華やかな香りのものが多く、女性に人気です。万人受けする香りが多いので、アロマオイル初心者の方におすすめです。フローラル系のアロマオイルの代表的なものにはラベンダー、ローズ、ゼラニウムがあります。
柑橘系
柑橘系の果実から抽出されます。さわやかな甘い香りが特徴です。アロマ初心者でも使いやすいですよ。香りの持続力が低いものが多いのと、酸化しやすいので、ほかの香りと比べて使用期限が短い点に注意!開封後半年以内で使うことが望ましいです。柑橘系のアロマオイルの代表的なものにはマンダリン、ベルガモット、ユズがあります。
ハーブ系
ハーブの葉や種などから抽出されます。気分がスッキリするものが多いですね。清涼感の強い香りのものが多いので、勉強や仕事などで集中したいときに使うのがおすすめですね。
ハーブ系のアロマオイルの代表的なものにはペパーミント、クラリセージ、タイムがあります。
樹木系
樹皮・葉・枝などから抽出されます。森の中にいるようなさわやかな香りが特徴です。リラックスしたいときにおすすめですね。お風呂で使用すると、手軽に森林浴が楽しめますよ^^樹木系のアロマオイルの代表的なものにはユーカリ、サイプレス、ローズウッドがあります。
樹脂系
樹木の樹脂から抽出されます。重厚感と甘さのある香りが特徴で、深い木の香りを楽しみたい方におすすめです。香りの持続力が高いものが多いですよ。樹脂系のアロマオイルの代表的なものにはフランキンセンス、ベインゾン、ガルバナムがあります。
スパイス系
ブラックペッパーなどの香辛料が原料になっています。スパイス類から抽出されているため、香りの刺激が強いものが多いですね。スパイス系のアロマオイルの代表的なものにはクローブ、ジンジャー、クミンがあります。
エキゾチック系
異国を感じさせるエキゾチックな香りが特徴です。重く甘い香りものが多く、香りの持続力が高いです。個性的な香りを楽しみたい方におすすめです!
エキゾチック系のアロマオイルの代表的なものにはイランイラン、サンダルウッド、パチュリがあります。
いかがでしたでしょうか。
自分の好きな香りの種類を見つけて、実際に使ってみましょうね^^