お肉の呼び名は様々

馬肉は「さくら」、イノシシ肉は「ボタン」、鹿肉は「もみじ」と花の名が付いていることは皆さんご存知の通りです。一体どうしてこのような呼び方がされるようになったのでしょうか?その秘密について今回は迫っていきたいと思います。
その昔、1687年。第5代将軍徳川綱吉により「生類憐れみの令」が政令されました。人はもちろんの事、犬や猫、鳥や魚などの生き物から、すべての生き物に対して殺すことが禁止されたのです。しかしながら、お肉はおいしいものです。お肉を食べたい人は、なんとしてでもそれを食べようとしました。
法を破ったものには厳しい罰が与えられたのですが、それでも肉を食べるために、猟師は隠語を用いて狩猟を続けていたのです。動物を別の名前で呼ぶことによって、晴れにくくしたわけですね。桜やボタンや紅葉などは要するに植物の名前ですね。植物の名前で呼ぶことによって、植物の採取をしていると勘違いさせようとしたわけですね。これが動物の肉の名前を植物の名前で呼び出した由来になります。
しかしながら、突然このような政令が出されたら驚きますよね。昔の人もやはりおいしいものを食べたかったのですね。罰を与えられていても美味しいものを食べようとしたわけですから。